Laurence Rasti  ローレンス・ラスティ

Laurence Rasti  ローレンス・ラスティ

 

アーティストステートメント

2007年9月24日、コロンビア大学で、マフムード・アフマディーネジャード前イラン大統領は、こう言いました。「イランには、みなさんの国と違って同性愛者はいません。」

今やゲイやレズビアンの同性婚は西洋の一部の国で認められていますが、イランでは依然として同性愛は死刑に値する犯罪です。このような制裁措置があるために、イランの同性愛者は自らの性的関心に従って生きることができません。彼らの唯一の選択肢は性転換です。これは法では認められてはいますが、病的なもの、避けるべきものとみなされています。

トルコの小都市デニズリを何百人もの同性愛者が難民として行き来しています。彼らは自分たちの生活を一時中断して、滞在国でいつか一緒に暮らせる日を心待ちにしています。その暁には、自らの性的関心に忠実に生きることができるのです。匿名性が最善の護身策となっている不透明な状況の中で生まれたこの作品は、アイデンティティとジェンダーという概念の脆さに疑問を投げかけ、国家によって一時的に奪われた「顔」を、彼らに返そうとしています。

 

プロフィール

 

ローレンス・ラスティの写真は、アイデンティティの概念と美の基準に対して疑問を投げかけます。イラン人の両親の間に生まれたラスティは、スイスで育ち、写真を学びました。そして2014年にECAL(スイス州立ローザンヌ美術大学)で学士号を修得しました。

イラン人としてのルーツとスイスで受けた教育が彼女の中で文化的に融合したことで、彼女の作品は、社会の中の性のパワーを理解しようとする上で、これら2つの文化において定義されている慣習と規範に疑問を投げかけるものになっています。

ローレンス・ラスティの作品は、様々な共同展で公開されてきました。
Website: www.laurencerasti.ch