Portfolio Reviews

About the Portfolio Reviews

2014年8月22日・23日に東京にて開催する第1回東京インターナショナルポートフォリオレビューへようこそ。

東京インターナショナルポートフォリオレビューは世界的に著名な編集者やキュレーターが、2日間、写真について批評や話をするために世界各地から一堂に会するイベントです。

応募締切: 2014年8月17日(日)23:59まで

●概要
名称:東京インターナショナルポートフォリオレビュー
主催:TOKYO INSTITUTE of PHOTOGRAPHY  パートナー:United Photo Industries
開催日程:2014年8月22日(金)~8月23日(土)10:00~18:00 (開場9:30)
開催場所:studio lotus 東京都港区海岸1-14-24 鈴江第3ビル4階 (http://studiolotus.jp/)

レビュー対象 :
写真表現を志すミドルキャリア以上の写真家が対象です。写真展and/or出版経験があり、海外のマーケットに対して、プレゼンテーションする準備が出来ている作家を対象とします。事前の審査はありません。また、作家の国籍は問いませんが、海外レビュアーのレビューを受ける方は「英語でのコミュニケーション」が可能であるか、もしくは通訳が必要です。 ※現在、現地での通訳サービスを検討していますが未定です。

レビュー参加費 :5回のレビューセッション – 215米ドル / 10回のレビューセッション – 415米ドル

レビュー概要:
・レビュアー1名あたり20分のレビューセッションを5回、または10回受けることができます。
・レビュー参加者は8月22日(金)19:00-20:30にかけて開催されるオープニングパーティへ参加出来ます。

応募方法:
応募のレジストレーションは、Tokyo International Photography Festival (http://jp.tokyophotocompetition.com/) のサイトで行います。参加者は申込み時に希望するレビュアーを選択する事が可能です。申込み後、主催者側はレビューに参加される写真家に、最も適したレビュアーがマッチングするように最大限努力致します。但し、必ずしも申込時の希望通りになるとは限りません。レビュアーが誰になるかは最低でもレビューの3日前にはお渡しできるようにいたします。

ご応募には、ユーザーアカウントインフォメーションに必要事項を入力の上アカウントを登録していただき(既にアカウントをお持ちの場合はサインインしていただき)、日程とレビュアーを選択、必要事項をご入力ください。

ご不明点については、jp@reviews.tipf.jpまでお気軽にお問い合わせくださいませ。



Meet the Reviewers



安藤 菜穂子
PHaT PHOTO 編集長

Nahoko Ando 2003年より「PHaT PHOTO」編集部に在籍。同誌のほか、「地域×写真」がテーマのフリーマガジン「Have a nice PHOTO!」や「OLYMPUS PEN BRAND ISSUE」、「本格的に始める!自宅プリントの教科書」など、書籍や写真集の編集を行っている。


www.phatphoto.jp

綾 智佳
The Third Gallery Aya 設立者・オーナーディレクター

Tomoka Aya 大阪生まれ。 1996年The Third Gallery Aya 設立、ギャラリーオーナーディレクター。石内都、ジョー・スペンス、山沢栄子、岡上淑子等の女性作家と関西在住の阿部淳、浅田暢夫、
渡邊耕一、垣本泰美等の展覧会を開催。写真及び現代美術を取扱う。

www.thethirdgalleryaya.com



サム・バージレー
UNITED PHOTO INDUSTRIES クリエイティブディレクター、PHOTOVILLE共同設立者

United Photo Industriesのクリエイティブディレクターを務めるサム・バージレーは、Photovilleの共同設立者でもある。Photovilleとは、ニューヨークのウォーターフロントで開催される輸送用コンテナを再利用したモジュール式のフォトフェスティバル。United Photo Industriesの設立、United Photo Industries Gallery、THE FENCE、Photovilleの立ち上げ以前は、ニューヨークフォトフェスティバルのディレクターを務めている。
キュレーター兼フェスティバルのディレクターとして、世界各地で写真展をキュレーションし現代写真のトレンドをレクチャーできることを喜びとしている。

www.photovillenyc.org
www.unitedphotoindustries.com



ジム・キャスパー
LENSCULTURE編集長・出版者

ジム・キャスパーは、世界的な写真のネットワーク及びオンラインマガジンである『レンズカルチャー』の編集長・出版者。『レンズカルチャー』は世界における現代写真のトレンドを紹介するサイトとして知られ、その範囲は世界中のアート、メディア、政治、コマーシャル、ポップカルチャーなどに及ぶ。同サイトは現在1日に80ヶ国以上からの訪問者、月に約40万人に及ぶ写真愛好家がアクセスしており、読者数は世界中で急速に増加し続けている。

開設後10年の今日、『レンズカルチャー』は、多数のオンライン構想や世界各地での活動を通して、現代写真を発展、共有するために大きな役割を果たしている。『レンズカルチャー』では国際的な写真賞を毎年主催し、何百人もの写真家のキャリアを支援している。2014年、フランス・パリで年に1度同誌が主催するポートフォリオレビュー「FotoFest Paris」は5周年を迎える。昨年のポートフォリオレビューでは5大陸42ヶ国から参加者を集めた。

現代写真の分野で積極的に活動するレンズカルチャーは、世界各国の重要な国際写真イベントとパートナーシップを組み様々なコラボレーションを行なっている。キャスパーは写真展のキュレーションの他、雑誌や書籍へ写真・文化に関する記事を寄稿。さらに講演やワークショップを開催し、国際的なフォトコンペの審査員やポートフォリオレビューのレビュアーを務めている。2014年には、世界最大の写真教育者協会であるSPE (Society for Photographic Education)の理事会に選出されている。

www.LensCulture.com



デボラ・ドラゴン
ROLLING STONE編集者

デボラ・ドラゴンは、Rolling Stoneの写真編集者である。2002年に同誌を監修して以来、多数の受賞歴のある写真家と共同して数百を超える写真撮影を企画している。彼女は写真編集者として、『FHM』や『Entertainment Weekly』、『Details』のような高い人気を誇る出版物のヴィジュアルディレクションを担当。デボラは自作のピンホールカメラを用いたファインアート作品の制作も行ない、自身も多数の展示に出展している。
彼女は写真におけるファインアートの学士号を有し、現在ニューヨークに在住している。

www.rollingstone.com



姫野 希美
赤々舎設立者・ディレクター

Kimi Himeno 青幻舎編集長を経て、2006 年に赤々舎を設立。写真集、美術書を中心に刊行。第33回木村伊兵衛写真賞の志賀理江子『CANARY』、岡田敦『I am』、第34回同賞の 浅田政志『浅田家』、第35回同賞の高木こずえ『MID』『GROUND』、第38回同賞の百々新『対岸』などがある。東京工芸大学教授。

www.akaaka.com



本尾 久子
インデペンデントキュレーター・エディター

Motoo Hisako インデペンデント・キュレーター / エディターとして、写真展、写真集を柱とする多様なフォトプロジェクトを企画 & プロデュース。国際的な活動を続けている。個人事務所matrix inc. と独自のレーベルeyesenciaを主宰。



ホウキ ヤスノリ
SUPER LABO 設立者・ディレクター

Yasunori Hoki 1961年東京生まれ。GALLERY WHITE ROOM TOKYO元ギャラリスト。
写真集専門出版社「スーパーラボ」ファウンダー兼ディレクター。
プライベートディーラーとしても知られる。

www.superlabo.com



W.M. ハント
コレクター、キュレーター、コンサルタント

W.M.ハントは写真のコレクター、ディーラー、ライター、講師、審査員、キュレーター、資金調達者、コンサルタント…写真家以外のあらゆる肩書を持つ。それは彼にとって正しい選択だ。なぜなら彼は新たな才能を愛しているから。



小菅 智和
インディペンデント・プロデューサー

“世界35ヵ国展開するグローバルメディア「VICE」日本支部のクリエイティブ・ディレクター/コンテンツ・マネージャー/エディター/映像プロデューサーを経て独立。プロジェクト企画を担ったYouTubeチャンネル「VICE JAPAN」は開始1年5ヵ月で16.5万人以上のチャンネル登録者数と2200万再生回数を記録。また同チャンネルにおけるドキュメンタリー映像『Alone in the Zone』は国際的なウェブサイトの賞「Webby Awards」において「ドキュメンタリー:個別エピソード部門」に入賞した。
現在は写真分野を中心に、編集、執筆、展覧会/企業主催イベントのキュレーション&プロデュース、コンペティション審査員など多岐にわたって活動。また「深瀬昌久エステート」ディレクターとして、写真家・深瀬昌久が遺した写真作品の普及活動に携わる。

www.tomokosuga.com



飯沢 耕太郎
写真評論家

Koutarou Iizawa 写真評論家。1954年、宮城県生まれ。1984年、筑波大学大学院芸術学研究科修了。近著に『深読み! 日本写真の超名作』(パイインターナショナル)、『写真集が時代をつくる!』(シー・エム・エス)などがある。



石田 哲朗
東京都写真美術館学芸員

Tetsuro Ishida 1968年大阪生まれ。東京都現代美術館勤務を経て現職。美術館教育と展覧会企画構成。主な展覧会は「荒木経惟」展(1999年)、「川内倫子」展(2012年)、「日本の新進作家vol.12」展(2013年)他。

www.syabi.com



石井 孝之
タカ・イシイギャラリー代表

Takayuki Ishii 1963年東京生まれ。
94年東京・大塚に「タカ・イシイギャラリー」を開廊(05年清澄に移転)。荒木経惟、森山大道、畠山直哉らの写真家のほか、荒川医、木村友紀など評価が高まりつつある作家の作品を扱う。 11年 2月にタカ・イシイギャラリーフォトグラフィー・フィルムを六本木に開廊。



片岡 英子
ニューズウィーク日本版フォトディレクター

Hideko Kataoka 2001年からフォトディレクターとしてニューズウィーク日本版​に勤務。2004年から写真で世界を伝える連載「ピクチャー・パワー」を新設し、10年目を迎えた今夏、写真集「Ten Years of Picture Power 写真の力」を出版した。2010 、14年世界報道写真コンテスト(オランダ)の審査員、2012年写真「A Day in the World」(米、スウェーデン、スペインなど6カ国)共同編集など。東京工芸大学非常勤講師。

www.newsweekjapan.jp



小林 美香
写真研究者、東京国立近代美術館客員研究員

Mika Kobayashi 写真研究者 国内外の各種学校/機関で写真に関するレクチャー、ワークショップ、展覧会を企画、雑誌に寄稿。2007-08年にアメリカに滞在し、国際写真センター(ICP)及びサンフランシスコ近代美術館で日本の写真を紹介する展覧会/研究活動に従事。現在、東京国立近代美術館客員研究員。

www.mikakobayashi.com



ポール・コペイキン
KOPEIKIN GALLERY オーナー

ポール・コペイキンは20年以上に渡りロサンゼルスでギャラリーを所有、運営している。その間、ヴィンテージ写真、クラシック写真、現代写真の展示を企画し、近年では絵画やスケッチに至るまで200以上の展覧会を開催してきた。同ギャラリーは、多数の国際的なアートフェア、さらに様々なパネルディスカッションやコンペティションに参加してきた。彼は、それら全てを通して、アート、特に写真への愛とユーモアのセンスを保ち続けている。

ww.kopeikingallery.com



宮崎 香菜
アサヒカメラ編集部員

1982年東京都生まれ。美術出版社「美術手帖」編集部などを経て、2011年に朝日新聞出版入社。「アサヒカメラ」編集部に在籍。「アサヒカメラ別冊NUDE!」なども担当。
www.dot.asahi.com/asahicameranet/



小高 美穂
インディペンデント・キュレーター

Miho-Odaka amana imagesにてフォトエディターの仕事を経た後、2008年よりEMON PHOTO GALLERYにて展示企画や作品販売に携わる。2012年に独立後は作家のマネージメントやコンサルタントをはじめ、美術館やギャラリー、フェスティバルでの展示コーディネートや企画、写真学校講師等、日本と世界をつなぐ様々なフィールドで活動している。



マーク・プルースト
写真コンサルタント・キュレーター

Michella Schmucker マーク・プルーストは本の出版やエキシビションの企画、ワークショップやレクチャーの運営、また、写真家への作品制作や販売のアドバイスを積極的に行なう写真コンサルタント/キュレーターである。
2010年9月、プロの報道写真家、ドキュメンタリー写真家に向けた1年間のマスタークラスであるNorthern Lights Masterclassを設立。2010年から2012年、ローマ国際写真フェスティバルにて3人のキュレーターの内の1人として関わる。また、ナイジェリアのフォトフェスティバルLagosPhotoのクリエイティブディレクターも務めた。

マーク・プルーストは、2001年から2007年に世界報道写真財団で働き、世界各地でエキシビションを企画。2005年には、『Things As They Are, Photo Journalism in Context since 1955』という展示、及び出版物を担当した。これは、キュレーターのクリスチャン・コージョルと編集者のクリス・ブートと共同したものであり、同出版物は賞を獲得している。2007年にはAgence VUに移り、その機関の国際的文化活動に貢献した。2009年にはAgence VUを去り、フリーランスのキュレーター、コンサルタント、講師としての活動をスタートしている。



高橋 朗
フォト・ギャラリー・インターナショナル ディレクター

Sayaka Takahashi1976年千葉県生まれ。早稲田大学第二文学部にて平木収氏に師事。
1998年 よりフォト・ギャラリー・インターナショナル(東京)に勤務。写真展の企画・運営、また、写真の保存・保管業務に携わる。東川町国際写真フェスティバルに東川賞受賞作家展アシスタントディレクターとして参加。

www.pgi.ac



タカザワ ケンジ
写真評論家

Kenji Takazawa 1968年群馬県前橋市生まれ。「アサヒカメラ」「写真画報」「IMA」「PHaT PHOTO」ほかに執筆。『Study of PHOTO 』(BNN新社)日本語版監修。富谷昌子写真集『津軽』(HAKKODA)編集・寄稿。東京造形大学非常勤講師。



玉利 亜紀子
文化出版局「装苑」編集チーフ

Akiko Tamari 1972年、東京生まれ。1993年、文化服装学院卒業後、文化出版局に入社。2年間、社内スタジオの勤務を経て、編集部へ。1995年に「装苑」、1997年に「MR.ハイファッション」、2000年より「装苑」に配属され、現在に至る。

www.fashionjp.net/soen/